2021.09.15

いまさら聞けないBOPIS(ボピス)とは?

フィールドマネジメント

日々多くのマーケティング用語が生み出されておりますが、
その中の1つBOPIS(ボピス)について解説いたします。
また、BOPISを導入することで、どのようなメリットがあるか解説いたします。

この記事のサマリー

・BOPIS(ボピス)の用語解説
・BOPISを導入するためのメリット
・BOPISを導入するためにはシステム・ハードの制作・販促・バックヤード準備の段取りが必要

BOPIS(ボピス)とは

BOPIS(ボピス)とは、Buy Online Pick-up In Store オンラインで商品を注文して

店頭で受け取るというるショッピングスタイルです。

具体例

1.ユーザーはオンラインで野菜を注文後、希望の受け取り店舗・時間を指定します。

2.店舗側は指定の商品を用意・梱包し、受け取りカウンターや専用ロッカーに設置します。

3.でユーザーが店舗で注文商品を受け取り、サービスが完了します。

 

昨今のユーザーの行動変異として買い物時間を減らし、通販・計画的な買い物体験を求めています。

本稿で説明するBOPISは、新しい生活様式に対応できる、マーケティングソリューションの1つと言えます。

 

なぜやるのか

もともとBOPISソリューションは、販売促進が目的です。
流通・消費者に対してどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:24時間商品選択が可能

スマートフォンやパソコンがあれば、

自宅でも帰宅途中でもの中でもユーザーは好きな場所で買い物をすることができます。

 

 

メリット2:顧客選択肢の向上

消費者にとって都合のよい時間に商品を受け取ることができます。

商品を店頭で受け取っていただけるため、送料はかかりません。

ECサイト事業者と比べ、生の消費者と直接やりとりができ、かつ返品のしやすさもメリットと言えます。

 

 

メリット3:物流コストの効率化

物流では毎日の物流倉庫から、店舗に商品が輸送されます。

つまり、注文商品が事前にそろっている状態になります。

届け先の商品が店舗にあれば、客先配送コストがかからない点もメリットです。

 

 

どうやるのか

実際にBOPISを導入するにあたり、具体的にはどのような準備が必要なのでしょうか。

システム・ハードの制作・準備

1.消費者が注文するためのアプリ・システムの構築。

消費者が実際に店頭で受け取るためのプラットフォームを用意します。

具体的には、スマートフォン用のアプリやブラウザベースで注文受付ができる仕組みを構築します。

 

例えば「本サービスは3,000円以上のご購入に限ります」などの条件をつけることで、

BOPISサービスで求めたい最低限の客単価を設定することができます。

 

2.受発注管理システム

注文した商品を管理するためのシステムが必要です。

いつ・どの店舗で・どのお客様が・どの商品を・どれだけ注文したかどうかを管理できる仕組みが必要です。

 

3.商品ピックアップ用・お渡し端末

店頭窓口を利用するのも手ですが、無人ロッカータイプが主流です。

消費者と店頭スタッフとが対面することなく、商品の受け取りができます。

 

販促・バックヤード準備

4.店舗スタッフ向けBOPIS研修の実施

BOPIS担当のスタッフに対し、どのような作業が必要なのかを教える必要があります。

店舗スタッフのうち誰を担当にするか、

どのタイミングで商品選別作業を開始するか・売り切れ時の対応などを教育が必要です。

 

 

5.蓄積された顧客データ分析

ECと比べ、いつ・どのタイミングで受け取ることができたかなど、データが蓄積されます。

売れ筋分析・単価向上のための施策や、売り切れになってしまった原因特定、

さらに併売分析などを行うことで、次の打ち手を決めます。

 

まとめ

BOPISソリューションはEC通販的な側面と、消費者が計画的にショッピングできるソリューションと言えます。

「買い物時間は短時間に」「計画的な購買行動」のニーズを満たした、

マーケティングソリューションの1つなのではないでしょうか。

 

 

弊社提供サービスについて

電通テック、ジーエルシー、電通リテールマーケティングの 3 社で
流通向けEC 注文&店頭受取サービス「BOPIS」の導入サポートソリューションを提供開始致しました。

BOPIS導入のご相談は、お問い合わせからご相談ください。

 

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース

電通リテールマーケティング、電通テック、ジーエルシーの 3 社で
EC 注文&店頭受取サービス「BOPIS」の導入サポートソリューションを提供開始
― システム導入と販促・バックヤード業務を総合支援 ―

PDF資料ダウンロード

 

お問い合わせはこちらから