事例紹介

CASES

【購買データ分析】流通保有の会員データ分析・コンサルティング

小売・流通業を展開している企業様からのご依頼で、自社で保有している店舗及びECの会員購買データの分析・コンサルティングを実施。自社顧客の特性を把握したうえで、ボトルネックを特定し、打ち手までトータルでサポート。

クライアント企業様について

・全国に店舗及びEC事業をご展開されている小売・流通企業様

 

 

抱えていた課題

クライアント企業様は、全国的に店舗及びECをご展開されており、会員基盤やオンライン・オフラインのデータ基盤は既に整備されていたものの、獲得した会員購買データを活用したデータ分析は、社内の人的リソースの関係上、なかなか進めることができない状況でした。

 

また小売業を展開されている事業様であるため、獲得した購買データが膨大であり、オンライン・オフラインを統合したデータ分析を自社のアセットでは、実施できない状態でした。

 

さらには、データ分析結果に基づく、データドリブンな施策、データマーケティング事業も未着手の状態であった。

 

その中で、オンライン・オフラインの膨大な購買ローデータを分析し、自社の状態をデータから客観的に把握する、そしてその結果を元に施策を打つ、データマーケティングを実行することができる伴走型の企業をお探しでした。

 

 

 

課題に対するアプローチ

そのため、我々電通リテールマーケティングでは、以下のプロセスで本課題に対してアプローチ致しました。

 

①ID-POSを始めとするオンライン・オフラインの全購買に関するローデータを分析

②分析結果を元に、自社の顧客・商品・店舗特性を把握、見るべきKPIを設定

③特性を考慮した施策、KPI達成に向けたマーケティング施策を実施

④施策毎、定期的な分析を実施し、継続的な改善策をサポート

 

「Research」→「Planning」→「Do」→「Check to next Action」のサイクルを作り、クライアント企業様と伴走しながら、上記サイクルを回し続けることを行いました。

また、特に「①ID-POSを始めとするオンライン・オフラインの全購買に関するローデータを分析」は、戦略を立てるうえで最も重要な要素になります。そのため、このID-POSを始めとするデータ分析については、

 

・顧客軸(新規・既存・離反等)

・商品軸(主力商品・集客商品・育成商品等)

・店舗軸(商圏・競合店等)

 

と細かくセグメントを分け分析を実施致しました。

※分析のセグメントの詳細な分け方や手法について、後日ホワイトペーパーにて
掲載致しますのでそちらをご確認ください。

 

 

結果

オンライン・オフラインの膨大な購買ローデータを分析、自社状態をデータから客観的に把握(以下一部抜粋)し

・自社顧客の特性(優良顧客数・率、維持率、リピート率、来店回数、離反特性、継続特性等)

・売上評価だけでは見えてこなかった各商品の特性(収益性、購入客数、ロイヤリティ寄与、新規寄与)

・各店舗毎の自社顧客の動態・商圏把握(商圏、エリア毎の売上、来店率、新規獲得率等)

 

「新規顧客獲得」→「顧客育成」→「顧客維持」までのシナリオの策定と、それに伴うマーケティング施策の実行
及び効果検証を実施致しました。

 

 

最後に

電通リテールマーケティングは、創業当時より、流通・小売や消費財メーカーをはじめ多種多様な業種業態の皆様にデータ分析、データコンサルティング、データ基盤構築、データ分析結果を活用したデータマーケティング事業を展開しております。

 

・ID-POSデータは保有しているもののデータ分析に活かしきれていない

・自社商品の店頭マーケティングをよりデータドリブンにしていきたい

・データ分析基盤の構築やデータ分析のさらなる効率化を目指したい

 

といったご要望があればぜひお気軽にこちらよりお問い合わせください。